国内旅行において温泉は欠かせないもののひとつと言えるでしょう。 日本の温泉は海外からの観光客にも人気で旅館などと併せて利用するということは日本の文化を知る上でも体験するべきことでしょう。

その中でも多くの人が訪れることのない秘境の温泉があります。 私は群馬に住む人間ですが、地元ならではの尻焼温泉が
あります。ここでは川に入浴します。 ここは源泉の湯量が豊富なために川全体があたたかく、そのまま入浴することができます。 山の奥まったところにあるために、観光客もそれほどおおくありません。 草津に近い場所にありますが、少し脇道に入るため利用客も少ないのでしょう。 まさしく秘境と言えるでしょう。

男湯、女湯と別れているわけではないために、女性にとっては入りづらいかもしれませんが、水着などを着て、 温水プールと同じ感覚で入浴しても良いのではないでしょうか。 たまにですがサルなども入浴している時があり、びっくりしますが、それも秘境としての魅力のひとつと言えるでしょう。

水温は雨があまり降らない冬場の方が温かく、いつまでも入っていたいと思うような温泉となっています。
川だけではなく、入浴場も設置されており、川に入るのを躊躇う人にとっても楽しむことが出来るでしょう。
このように国内旅行として秘境の旅をする中では一度は利用してもらいたい地域ですし、その他にも多くの入浴場が存在
するために、 公共の浴場を探すことを楽しみに行っても良いのではないでしょうか。

About the author

Related Post

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *