国内旅行で秘境というと山間にかくれた温泉などが容易に思い浮かぶ。結構車もはいれない場所を徒歩でやっとついた秘境は格別なものだろう。 その国内旅行のなかでひとつおすすめしたいのが徳島の大歩危峡である。大歩危小歩危とありそれは本当に山の谷合なのだ。 そしてその奥へさらに行くと東祖谷山村へたどり着く。
ここはかつて平家の落人が源氏の追っ手から逃れるために隠れた場所としてしられ、文字通り、隠れるのにふさわしい
険しい山、そして急な谷がありその険しさは観光客を驚かせるほどだ。 そしてその名物といえば蔓橋である。

ほぼできたままの状態で保存されており、国の指定をうけているのであるが、ここをわたるのには本当にこわいおもいを
してわたれないひとが多いほどである。 平家の里といわれ神秘的で歴史へのおもいをはせることができる隠れた秘境で
ある。 そして温泉もわいておりこの険しい谷合を見渡すこともできるようになった。
秘境といえば交通の便がきになるところである。 たとえば長野県の渋温泉などなかなかツアーがくめないところであるが、この徳島の東祖谷山村へはバスがとおることができるのでツアーで旅行できるようになった。

苗場山登山と秘境秋山郷 | 旅行ブログ

たしかに道路はあまりひらけることはできないのでかなりせまいためバスが谷へ落ちそうに感じる場所も多々ある。
行きかう車はみな横手へよけ、バスが通り過ぎるのを待ってくれるほどなので、いまやバスツアーではとても人気がある
秘境なのである。

蔓橋は毎晩19時から21時の間、ライトアップされます。闇夜のなかのライトアップは奇妙と思ってしまう方もいるでしょうが、違うんです。これが幻想的であり、素晴らしい光景になっているのです。写真に収めるのも良いですが、自分の目に焼き付けるのもおすすめです。

About the author

Related Post

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *