西調布の歯科医師が伝える歯の大切さ

歯の病気といえば虫歯や歯周病などが有名です。一般的な歯の病気として知られてはいるものの、症状が悪化していると最悪の場合は歯を抜かなくてはいけません。今では歯を抜いたとしても、歯と同じような機能を持つインプラント治療というものも誕生しています。歯の治療分野ということで考えるのであれば、とても技術は進歩していると考えて良いと思います。 しかし歯に異常が起こればすぐに歯を抜くことに異論を唱える歯科医師が東京の西調布にいます。この先生は治療の際に歯を抜かない、削らないということをモットーにしています。実はインプラント治療で人工の歯の根を固定しても、天然の歯の方が強度があるということが分かっています。そうなると固い食べ物を噛み砕く際は天然の歯が良いとなってくるわけです。更に先生はこんなこともおっしゃっていました。歯の病気が見つかっても虫歯なら虫歯状態になっている部分だけ歯を削って、なるべく自分の歯を残すことを最優先で考えているそうです。できることなら患者さんにはなるべく自分の歯で食べ物を噛める生活を送ってほしいから、とのことです。考えてみたら私たちは歯が生えていることが当たり前で人生を生きてきたわけですから、急に自分の歯がなくなってしまうのには抵抗がある方も多いと思います。更に歯は皮膚とは違い、自然治癒が効きませんので、永久歯の場合は一度歯を抜いてしまうと二度と歯が生えてくることはありません。インプラント治療も保険外治療ということもあり、質の高い治療が期待できるものの、費用の面では簡単に手には出せません。高額な治療や抜歯は避けたいという方ほど定期的な歯の診断をおすすめします。