鍵に代わる防犯方法|重要な情報を守ろう!

導入のメリット これまでなら、オフィスビルのドアを入退室する際絶対鍵を使っていました。しかしそれだと鍵をなくして困ったり盗難にあったりした際に全てのドアの鍵を変えなくてはいけなくなって、とてもコストがかかりました。それに合鍵をつくることで犯罪につながるなどいわば鍵を使うことによって面倒な事が起こっていたのです。そこで新たに入退室管理といったパソコンで安全を守るシステムが発明されました。電気の力でコントロールするため、一挙に各ドアの状況や過去の履歴などが即座にわかります。 監視カメラと一緒に利用する事もできるのです。これでビルの安全性は一段と高まり、鍵の不便な事もクリアできます。紛失した際にもすぐに登録を削除できるというコストにも優れた対策といえるはずです。最近ではインターネットや情報システムは会社にとって重要なものです。しかし、こういったシステムへの依存とともに大きなトラブルも潜むようになっています。 Bekkoame@OKWave - 防犯についての質問です。 情報システムのトラブルや機密情報・個人情報の漏洩により企業のイメージが悪くなるのみならず、お客様にもトラブルが起こる事があります。会社にとってセキュリティを強固にする事が重要な運営課題に入るでしょう。現在では世界的にも情報保護問題は大切な課題だと認識されており、ISOやIEC等の情報保護の認証基準が、国際標準として認識されているのです。これらの保護問題の認識が広がるとともに国内でも世界基準を使用する企業は増えています。